読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反原発内部の対立に思うこと

 私は、原発はやめるべきとの意見です。技術的な困難さと安全確保の難しさはもちろん、電力会社の運営能力を信用できないのが一番の理由です。
 ですがこのところ残念なのは、去年あたりから反原発の内部でも様々な意見の相違と反目が生まれていることです。事故の直後は、ほとんどの人は、もう原発はこりごりと感じていて、まずは事故の収拾、と意見の違いというのは表面化していませんでした。が、事故から時を経るたびに、意
見の違いと対立が生まれていく。
 昨年の今頃は、大飯原発が再稼働するかさせないかという意見の対立がありました。電力が足りないのであれば仕方ないと再稼働がされました。また、震災がれきの処分についての対立。福島県民が避難するか留まるかの意見の相違。子供の甲状腺被爆に関しての相違。いずれも震災直後にはなかったことです。
 衆議院選挙、参議院選挙は、ほとんどの野党が原発を縮小するかやめる政策をかかげながら
、ばらばらな戦いから散々な結果に終わった。この結果は、震災から2年をすぎて表面化してきた意見の相違と対立の実状を、ある面で正しく表しているのだと思います。