読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の高校野球埼玉代表に思ったこと

 高校野球は、埼玉県代表の浦和学院が早々に負けてしまったので、もう終わってしまったかのように興味が薄くなってしまいました。埼玉大会の決勝戦を観戦したとき、浦和学院のナインは、セミプロのように見えて本当に強いと感心しましたが、甲子園ではまるで別のチームのよう。スポーツのコンディション調整、メンタルの持ち方というのは、本当に難しいと思います。
 今から思えば、監督のインタビューなどでも、選抜大会を勝ち抜いて、全国の高校球児の目標になるという自覚めいた発言が聞かれたのですが、かえって、そのことがプレッシャーとなって自滅させてしまったようにも感じられます。