読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雜感

 今朝の朝日新聞には、参議院選挙、当選者の実に四分の三が憲法改正に賛成だとのことです。たしかに憲法改正に賛成な人たちの意見は、制定から70年もたって時代にそぐわなくなってきたとか、自衛隊の存在が中途半端だ、とか一見もっともらしい意見です。そして戦後70年日本を守り、戦火を交えてこなかったのは、アメリカの核の傘だという意見があります。それがでたらめだとは、思いませんが本当でしょうか?実は平和憲法こそ
が、政府の暴走を70年間止めてきたのだと思っています。今は、時代に合った憲法を云々という意見はもっともらしいですが、本当に国民を守ってきたのはなんなのかということ、お上からの押しつけでなく、こちら市民の側で考えたほうが良いと思うのです。